新人看護師が一番辛い?転職を選ぶのは2年目以降がオススメ

      2016/04/19

新人看護師が一番辛い?転職を選ぶのは2年目以降がオススメ

看護学校では毎日苦しいレポートに追われ、やっとの思いで合格した国家試験。
看護師として華々しく病棟デビューを飾ったのも束の間・・・。

押し寄せてくるのは実務への不安、不安、不安・・・。

周りがすごくできる人達ばかりに思えて、思わず自信喪失。
周囲からの厳しい指摘に心が折れる毎日。

挙句の果てには慣れない不規則勤務に体が悲鳴を上げる。

新人看護師を待ち受けている労働環境って思った以上に苛酷です。
これを難なくやり遂げてきたというのであれば、それは十分強いハートを持っているといっていいでしょう。

それくらい新人看護師を取り巻く環境というのはハードです。

新人看護師が最もストレスに感じるのは自分の「能力の未熟さ」

新人看護師のストレスは「能力の未熟さ」

岡山大学医学部保健学科で行われた実態調査によると、新人看護師が最もストレスに感じるのは「自分の能力の未熟さ」であり、全体の94%にも及んだというレポートがあります。

実際、看護学校では技術面の教育に若干の遅れがあるという指摘は以前からされていました。
ME機器の取り扱いなどについて学ぶことが少なく、現場に出てはじめて触れるという看護師は少なくありません。

このような教育的な背景もあり、新人看護師は実際に勤務をしてみて初めてその能力の未熟さを感じます。
病院側の教育体制や姿勢がが十分でない場合、このストレスに押しつぶされるように新人看護師が辞めてしまうというケースが後を絶ちません。

でも・・・考えて欲しいのです。
教わっていないこと、触ったことのないものを最初から知っている人はいません。
ME機器については特に実際に触れ、使っている現状を知りながら次第に経験として獲得していくもの。

車を運転したことのない人がいきなり車の運転が出来ないのと一緒です。
まわりは自然に、そしてとても当たり前のようにME機器の管理が出来ているように見えるかもしれません。

ですが、そこまでの道のりは必ず存在したはずです。
あなただけが知らない・出来ないわけではありません。

その部分を無視して「能力がない」「自分は未熟だ」としてしまうのはもったいないと思うんです。

看護師1年目で転職してもいい、だけど

1年目で転職してもいいけど・・・

タイトルでは2年目以降がオススメとしていますが、どうしても苦しいのであれば1年目で現場を離れるという選択肢を取ってもいいと思います。

あなたがそれほど苦しく感じるのは、もしかしたら

「教育体制が不十分」
「周囲の理解がない」

など、サポート力が不足することで起こるストレスの増大があるかもしれません。

新卒を棒に振った、などと思わなくてもいいと思います。
もっと教育に力を入れている病院へ転職することでずっと楽になるケースも少なからずあると思うからです。

なぜ2年目以降を勧めるかと言えば

ではなぜ2年目以降をすすめるのかと言えば、1年目は何かを決定するのにあまりにも情報を得られにくいからです。

日々の忙しい業務、知識・技術獲得のための勉強。
不規則勤務による消耗を回復する時間。

こんな多忙で気持ちの余裕もない中、転職先を探すのはとても大変なことです。

また再就職先の評価も気になります。

「1年も続かずに転職?」
例えばここに妊娠や引越しなど明確な理由が加わればそれは上記のような評価には繋がらないと思います。

ただ、メンタル的な要因だけで1年も経たずに転職したとなると、再就職先での評価が気になります。
1年未満だからといって働き先がないわけではありません。
必ずあなたを必要としてくれる職場は存在すると断言できます。

ですが、それが希望どおりの場所になるかどうかについては「1年未満」という仕事歴が邪魔をする可能性があると言えます。

どれくらい働いたら転職が不利にならない?

どれくらいの職歴が転職に向いているか

よく言われるのは「3年」です。
新卒から3年間は同じ職場で働くといい、と言います。

ですが、今1年目でアップアップしている看護師さんからしたら3年なんて道のりは「永遠」と一緒くらい長く感じると思います。
でも1年だったらどうでしょうか?

あと○ヶ月、とカウントできる範囲であれば、乗り越えられそうな気がしませんか?
1年働ければ、1年未満よりはずっと評価が上がります。

だからこそまずは1年を目指して頑張ってみませんか?と言いたいのです。

私の実体験!新卒1年で辞めたその後の再就職は?

私の退職経験談
私自身、新卒から1年で退職をしました。

何が嫌だったかって私の一番は不規則勤務でした。
夜は寝たい!って心の底から思いました。

それから、先輩のいじめですね。
教育という名の下で行われたいじめはそれはそれはひどかったです。

やったこともない仕事を押し付けられ、できないと言えば冷ややかに「なんで出来ないの?」「使えない」と言い捨てられる。
担当の部屋以外の患者さんのバイタルチェックをするように言われ、回診前に終わらせられないでいると怒鳴られる。
質問はほぼ100%無視か「自分で考えれば」の返答。
質問だって丸投げしているわけじゃありません。
きちんと自身で学習し、提案したとしてもです。

一言でいえば理不尽。
それにつきます。

「叩き上げ」世代
って聞いたことがあるでしょうか?
私達の時代はその叩き上げで育った看護師が先輩でした。

厳しい現場主義の叩き上げで教育を受け、歯を食いしばって育ってきた先輩看護師から見たら、私のやっていることなどなんて生ぬるいと感じたことでしょう。

そういった背景もあるからこそ、一概に「誰が悪い」と言えないもどかしさがあります。

1年、せめて1年だけはと何とか耐え、3月31日付で退職。
その後の再就職ですが、3ヶ月のブランクを経て探したところ、1ヵ所を除いては全て「今すぐにでも来て欲しい」と言われました。
総合病院の病棟、外来、訪問看護ステーションなどです。

不採用となったのは「美容外科」でした。
高月給、夜勤なしにつられて面接を受けてみたのですが、あっけなく不採用に。

全ての美容外科がそうだとは言いませんが、私が面接を受けた美容外科について言えば「看護師経験1年」は認めないという雰囲気でした。

転職に何を望むか?

転職に何を望むか

もっと看護師として勉強したい。
得意分野を持ちたい。

そう考えているのであれば、まずは1年今の職場で我慢し、2年目から転職サイトを使って働きながら自分のニーズにあった職場を探してみてはいかがでしょうか。

どんな仕事でもいい。
とにかく転職したい。

そう考えているのであれば、今すぐ転職サイトに登録して再就職先を探しましょう。

看護師さんは志の高い人が多いです。
ですが、必ずそうじゃなきゃいけないわけでもありません。

もちろん無責任な仕事をしていいと言っているわけではありませんが、最新医療に触れることだけが成長ではありません。
老人ホームだって、入浴サービスだってそこでプロを目指す看護師がいたっていいわけです。

自分は何をしたいか、看護師という仕事は自分にとってどういう存在か。
それを考えながら看護師という仕事と正面から向き合ってみてはどうでしょうか?

 - 新人看護師さんの話